2016.04.25

staffblog

西国分寺 恋ヶ窪用水跡 姿見の池付近 | 花ちゃんマガジン

DSC00834

江戸時代から守られてきた自然

恋ヶ窪用水跡は

江戸時代に玉川上水から作られました。

当時は恋ヶ窪分水と呼ばれていたそうです。

場所は西国分寺駅北口より徒歩8分です。

DSC00839

この分水には以前掲載させていただいた

「姿見の池」付近からの湧き水も流れ込んでいて

村の収穫量が倍増したおかげで

村人の暮らしも豊かになったといいます。

DSC00835

現在この水路は恋ヶ窪用水と呼ばれ

そのほとんどが埋め立てられて

昔の面影を失っていましたが

里山の自然を再現する為に

整備・復元されたとのことです。

DSC00840